Financial Close Management

合理化された決算処理における正確性、効率性とコンプライアンス

経理・財務の管理者は、企業や組織の財務実績を正確に、リアルタイムに定時することが期待されている一方で、多くの企業では、今日のビジネスのニーズを満たしていない旧来型のシステムやプロセスによって処理時間が引き伸ばされています。それらの決算処理の不整合を適切に精査し、結果を分析し会計プロセスを自動化することで、手動や繰り返し発生する作業から担当者を解放します。

Financial Close Management

BlackLine決算処理管理

Financial Close Managementは、会計上のワークフローを自動化し、期末処理を完了するために安全なワークスペースを提供することで財務報告作成のプロセスを合理化します。また、決算処理において完全な統制を図ることで、経理・財務の管理者責任者のサポートを行います。複雑性や手動処理、ミスが発生しやすいプロセスを排除し、担当者を不整合データの分析業務から解放することで、よりビジネス価値の高い業務へのシフトを実現し、新たな“コンティニュアス・アカウンティング(一貫継続会計)”アプローチを可能にします。旧来型の紙ベースでのレポート型プロセスから脱却し、エラーや不正取引など非効率で継続的な監視業務からそのワークロードを分散することにより、全世界で1,400以上もの顧客に対して、正確かつ効率的で、適切な決算処理業務をサポートしてます。

Financial Close Managementは、期末処理全体の統制を自動化

Financial Close Managementは、不一致やエラーの検知、登録データの継続的な監視による訂正、タスクの実行、トランザクション処理など全体を通じて、会計処理のリスクを低減します。ユーザアクセスの制御と業務分掌やルールベースの変動分析による異常検知により、自動仕訳時の検証エラーと不正なデータ登録を回避します。

Financial Close Managementは、期末処理全体の統制を自動化

効率性を最大限に高め期末処理を高速化

BlackLineソフトウェアは決算処理全体を効率化します。カスタマイズ可能な認証ルールを使用することで、平均45%以上のお客様がシステム承認を自動化しています。Financial Close Managementソリューションは、大量なトランザクションのマッチングに加え、作成、承認、伝票の発行を高速化し、ルールドリブン型分析機能は、リスク監視とさらなる調査が必要なアカウントの識別を行います。期末処理を高速化することで、担当部門はより深い分析に注力することができます。

効率性を最大限に高め期末処理を高速化

処理プロセスの標準化と最適化

会計部門の管理者やシステム担当者は業務オペレーションやレポート、またはコンプライアンスに沿って統制や管理を調整することができます。認定時のチェックリストやルールベースの警告、タスクのアサイメント、そしてスケジュール管理など、正確で一貫性を持った決算処理を行うために構成されます。Financial Close Managementによりプロセスの管理が標準化され、エラーやデータの不一致を低減します。

処理プロセスの標準化と最適化

可視性の最大化

Financial Close Managementは、ユーザの役割に基づき、関連リストやダッシュボード、レポートを中央コンソール画面に表示します。これにより、担当者は迅速にタスクや照合データ、伝票にアクセスすることができ、管理者は不正なトランザクションや時間が経過しているアイテム、不完全な管理、未調整トランザクションなどを速やかに検知します。

可視性の最大化

相互運用性の確保

Financial Close Managementは、グローバルアカウントの管理やERPと接続されたシステムの処理プロセスにおけるコストと煩雑さを低減します。BlackLineソフトウェアは単一のコードベースで構築され、買収したツギハギのテクノロジーとは対照的に、シープレスに統合されたクラウドプラットホーム上で、データ共有やワークフロー、テンプレートの活用が可能です。

相互運用性の確保